網戸の掃除をする前から網戸を動かすと動きが悪く、とても重い状態でした。
掃除をしたついてでに網戸を外してみたら、網戸の車輪”戸車”が割れていました!

網戸から戸車(車輪)を外してみた
amidotokurumasharinkoukan (0)
車輪(戸車)が割れていたら網戸の動きは重い(悪い)ですね。

車輪(戸車)を交換しようと思ってホームセンターに行っても同じものは無かったのでネットで調べてみました。
意外とこういうパーツの取り扱いをしているショップは少ないように感じました。(調べ方が悪いのかな。)
網戸だったら、いっその事網戸ごと取り替えたほうが安上がり!みたいな感じになってました。
網やフレームの劣化などを考えると網戸本体を新しいモノに替えてしまう方が良いかもしれませんが、同じように枠に嵌るのか、使い心地を考えると同じ部品を探して交換しようと思いました。

どうやら汎用品では使っていた車輪(戸車)の代わりにならないようなので、網戸のメーカー名から交換部品が発売されているか探してみました。
網戸のメーカーは「新日軽」で、網戸のサイズ(?)がよくわからなかったのですが”楽天市場”で同じ商品と思しき部品「網戸戸車 新日軽 H8LC203」を発見する事が出来ました。

楽天市場の「網戸サッシ部品窓の専門店」というショップで購入!
amidotokurumasharinkoukan (1)
新日軽 テクト純正網戸 交換用 網戸戸車 住宅用【メール便選択可】 網戸戸車 新日軽 H8LC203 (...(楽天市場 網戸サッシ部品窓の専門店)

割れた車輪(戸車)とちょっと違う・・・、いやいや割れた車輪の方は網戸から上手く外せなくて車輪部分だけで、購入した車輪(戸車)を分解すれば同じ車輪になるはず・・・
amidotokurumasharinkoukan (2)
分解してみたら同じ車輪が出てきた!
車輪ケース(?)の頭に付いているネジは車輪の高さ調整用のネジのようです。

というわけで、車輪だけ網戸にぱちりと嵌めて車輪(戸車)の交換完了!
あとは網戸をレールに戻して、調整をします。

網戸の調整は車輪(戸車)のネジを回して行います。
網戸に付けられた車輪(戸車)のネジを回すことで高さを調整して網戸の底がレールや床などに擦らないように調整が出来るようになっています。
調整する場所は網戸によって違うのですが、我が家で使っている網戸は車輪(戸車)の上からネジを回すタイプの調整機構でした。(網戸によっては網戸の側面に調整ネジがあるものもあるようです。ネットでは側面で調整する方法の情報が多かったので側面で調整するのが一般的なのかな?)
amidotokurumasharinkoukan (3)
ネジを締めれば”網戸本体が浮き上がり車輪が出ていきます”、ネジを緩めれば”網戸本体が下がって網戸の底がレールや床に近づきます”
調整方法としては、ネジを緩めてから網戸を動かしながら徐々にネジを締めていくのが安全に網戸の調整が出来ると思います。
ちなみに調整していないと、網戸がレールから脱落したり、網戸を開けるのに力いっぱい動かないと動かないなどすごく調子が悪い状態になります。

長く使っている網戸なら車輪(戸車)が摩耗していると思われるのでネジを締めて網戸本体を浮き上げれば動かすのが少しは軽くなると思います。

最祖は上手く調整出来ずに網戸が重かったり、レールからズレたりしましたが、何回か調整したら以前より網戸が軽くなりました。
+ドライバーがあれば網戸の車輪(戸車)の調整が出来ると思うので、調整に挑戦してみてもよいかも。
レールや車輪(戸車)など網戸の底を掃除するのも効果的です。
動かす部分だからか結構ホコリが付いているので、掃除するだけでも網戸の動きは良くなるかもしれないです。

網戸によっては脱落防止のガード(?)留め具(?)が付いているものもあるので、網戸を無理にレールから外すと破損して怪我をするかもしれないので、やってみて無理そうなら業者さんにお願いしましょう。

※作業などは自己責任でお願いします。何が起ころうと当方は一切の責任を負いません。

網戸の車輪(戸車)も色々種類があるようなので、使っている網戸のメーカーからパーツを探った方が良い結果になるかも・・・。
無事に交換用のパーツが見つかって良かったです。しかも純正品なので安心です。
2個セットだったので、もう一つは次壊れたとき用の予備として保管しています。

新日軽 テクト純正網戸 交換用 網戸戸車 住宅用【メール便選択可】 網戸戸車 新日軽 H8LC203 (...(楽天市場 網戸サッシ部品窓の専門店)


スポンサーリンク