洗面所の蛇口からポタポタ水が漏れているのを直してからハンドルが固くなってしまった!?ので、ハンドルの調整をしてみた!

洗面所に設置されている蛇口はお湯と水が出るタイプの蛇口でお湯が出る左側は分解して内部にある”コマパッキン(ケレップ)”を交換して組んでも今まで通りに使えているのに右側の水が出るハンドルは固くて水を出したり、止めたりするのも一苦労な状態になってしまった!?
jagutihanndoruchousei (0)

水を出すハンドルも分解して”コマパッキン(ケレップ)”を交換したので、組むときに何か間違ったのかなと思い、再度分解することに!
jagutihanndoruchousei (1)

+ネジを外してハンドルを外す。
jagutihanndoruchousei (2)

”コマパッキン(ケレップ)”を交換して組む時にこのカバー(?)がある程度のところで止まらずに延々と絞められたのがちょっと気になっていたけど、ハンドルが固かった理由はここにありました。
左側の本体とハンドルの棒部分を押さえるカバー(?)は締められる所が比較的浅い場所にあったので、締められる所まで締めて組めば元通りになりましたが、右側のハンドルの棒部分を押さえるカバー(?)は自分で調整する必要がありました。
jagutihanndoruchousei (3)

コマパッキン(ケレップ)を交換し組み直した際にキツく締めすぎたので、各部のチェックがてらに再度分解。
スピンドル(ハンドルの棒部分?)は特に破損は無さそう。
jagutihanndoruchousei (4)

本体側のネジ山も問題無さそう
jagutihanndoruchousei (5)

コマパッキン(ケレップ)も特に問題ないようですね。
jagutihanndoruchousei (6)

蛇口の本体や部品に破損は無いようですが、組み直してハンドルが軽くなる保証は無いので、スピンドル(?)と本体のネジ山を5-56(CRC)をネジ山とネジ部分に吹いてネジの当たり具合を調整してみました!
蛇口本体の水をある程度抜いて、スピンドル(?)に5-56(CRC)を吹き何回か蛇口本体のネジ山を締めたり緩めたりを何度か繰り返し、ネジ山の5-56(CRC)を拭き取り、蛇口本体にパーツを組めば完成!
jagutihanndoruchousei (7)

どこまでも締まるネジは手でネジを回してある程度固くなってきたら工具に持ち替えてネジを少し締める。指でネジが緩まないようなら一旦動作確認、水が漏れるようなら徐々にネジを締めて水が漏れない所まで締めればネジの締め付けは完了!

以前よりハンドルが軽くなった!?軽くなりすぎてコレ大丈夫?と思うくらいに!

5-56(CRC)を蛇口の中で使ったので、水を出すと5-56(CRC)の臭いがするので、しばらく水を出しっ放しにしておく必要があるので施工する際は注意!

金属同士の潤滑・洗浄には5-56(CRC)が良いね!


スポンサーリンク