キャブレターオーバーフローは良くある症状!?キャブレターの分解をしてみた!

畑の土を起こすのにクボタ耕運機「TMA25」を使っているのですが、最近エンジンの調子が悪く(?)度々エンストしていました。そしてエンストの症状が悪化したのか、キャブレターの吸入口(エアクリーナー)からガソリンが溢れてきました!?
慌てて燃料コックをひねって止めてもガソリンは止まらず溢れる・・・。しばらくすると溢れるガソリンも無くなったのか、とりあえずなんとも無い状態になりました。
エンジンの方も燃料コックを止めたままなら動いたので、キャブレター内部のガソリンを使いきるまで畑を耕しました。

で、クボタ耕運機「TMA25」のキャブレターがオーバーフローをした原因としては、キャブレター内部の”ニードルバルブ”というパーツがオーバーフローを発生する原因の可能性が高いとされています。(他にも原因があるかもしれないけど)
業者さんにお願いしても良いのですがキャブレターの分解に興味もあったので、自分でキャブレターの分解と清掃に挑戦してみました!
自分で挑戦する理由は、「お金の節約」と「人が作業できるなら自分でも出来るかもしれない」と思ったからです。
最悪、バラバラになったキャブレターを持って業者さんに助けを求めれば良いかなと思ったり・・・。(この場合とても迷惑な客になるので注意!)

クボタ耕運機「TMA25」のキャブレターを分解!

キャブレター本体を耕運機から外す!

まずは、エアクリーナーのカバーとエアクリーナーを外します。
エアクリーナーを外すと”10mmナット”が2つあります。
この2つのナットは、エアクリーナーBOXとキャブレター本体を耕運機本体に固定するのに使われているので、キャブレター本体を外すのに2つのナットを外します。
kouunkikyabubunkaiseisou (0)

エアクリーナーBOXを外すとキャブレターが現れます。
キャブレター本体は耕運機本体に固定されていないので手前に引っ張れば外れますが、キャブレター本体を外す前に”2箇所”接続を外す必要があるので注意!
kouunkikyabubunkaiseisou (1)

キャブレター本体を外す前に接続を外す1箇所目はガソリンタンクから伸びるホースです。
キャブレター本体側から外そうと思ったら針金(?)でしっかり巻かれていたのでタンク側から外しました。
タンク側の固定用針金(?)は押さえて下にズラして外せるようになっています。
kouunkikyabubunkaiseisou (2)

2箇所目はスロットルレバーの接続を外します。
こちらはキャブレター本体の右側にあるプレートに金属の棒とスプリングの2つが接続されています。
金属のレバーの接続は、先端部分を少しズラせば金属の棒が外れます。
スプリングは金属のレバーの穴に引っ掛けてあるだけなので、引っかかっている部分を伸ばせば外れます。
キャブレター本体側で金属の棒とスプリングは固定されているので、金属レバーの接続を外すのに集中しても良いと思います。
kouunkikyabubunkaiseisou (3)

ガソリンホースとスロットルレバーの接続が外れればキャブレター本体を手前に引っ張ればキャブレター本体が外れます。
kouunkikyabubunkaiseisou (4)

キャブレターの分解

キャブレターがオーバーフローする原因はキャブレター下部にあるので、キャブレター本体下にある12mmのボルトを外します。(キャブレター内部に残ったガソリンがこぼれてくるので、事前に横部分にあるマイナスネジ”ドレンボルト”を外してガソリンを抜いておくと良いと思います。ちなみに自分のキャブレターではガソリンを抜く穴が汚れで詰まっておりガソリンが抜けてきませんでした・・・)
kouunkikyabubunkaiseisou (5)

12mmボルトを外すと下部分を覆っていたカバーが外れます。
kouunkikyabubunkaiseisou (6)

はじめに黒いパーツを外します。手で左右に傾けながらキコキコ外せば取れてくると思います。
kouunkikyabubunkaiseisou (7)

次にフロート(白っぽい浮き輪パーツ)を外します。
フロートの外し方はプラスネジを緩めれば外せます。外れにくい場合は金属の棒を引っ張れば外れやすいと思いますが、金属の棒は重要なパーツなので無くさないように注意!
kouunkikyabubunkaiseisou (8)

フロートを引っ張り上げればオーバーフローの原因とされる”ニードルバルブ”の登場です。
kouunkikyabubunkaiseisou (9)

フロートに針金(?)で引っ掛けてあるだけなので引っ張れば簡単に外れます。
小さいパーツなので無くさないように注意!
で、キャブレターからガソリンが溢れて止まらない原因として”ニードルバルブ”の先端の黒い部分に「」が出来ているのが原因でキャブレターオーバーフローが発生します。
kouunkikyabubunkaiseisou (10)

この”ニードルバルブ”の役割はキャブレターの下部にガソリンが溜まるとフロートが持ち上がります。フロートが持ち上がると”ニードルバルブ”の先端がガソリンの流入口を止めてガソリンの流れを遮断するのですが、止めるための栓に段が出来てガソリンの流れが止められずに溢れる。オーバーフローするというのが原因です。
なので”ニードルバルブ”を交換するか、”段”を無くせばキャブレターオーバーフローを直すことが出来ます。
kouunkikyabubunkaiseisou (11)

自分が分解した”ニードルバルブ”はそこまで”段”が出ているように見えないので、1000番の紙やすりでこするだけで大丈夫そうです。
紙やすりでこする場合は、ニードルバルブの先端を紙やすりで挟んで、ニードルバルブをその場で回転させて均一になるように削ります。
kouunkikyabubunkaiseisou (14)

うーん、キレイになったかな?
kouunkikyabubunkaiseisou (15)

キャブレターを分解したので、ガソリンの流入口も念のため掃除しておきます。
kouunkikyabubunkaiseisou (12)

綿棒にパーツクリーナーを染み込ませてグリグリすればキレイになるかな。
kouunkikyabubunkaiseisou (13)

これくらいしかやることは無いかな?
あとは分解とは逆の手順で組んでいきます。
組む時に”フロートの動き”はきちんと確認しておきましょう!
指でフロートを持って軽い力で動くか、キャブレター本体を揺らしたり、ひっくり返したりしてきちんと動くかなど。
kouunkikyabubunkaiseisou (16)

キャブレターオーバーフローの原因には”フロートの破損”などもあるので、フロートに穴が空いていてガソリンが入っていたり、フロートの可動部分が動かなかったりなどもオーバーフローの原因になるので、フロートの状態や動きはしっかりと確認しておきましょう。

最後に引っかかるのが、スロットルレバーの接続だと思いますが、キャブレター本体を耕運機本体に嵌めて、スロットルレバーに金属の棒とスプリングを接続、動作確認で耕運機本体のスロットルを動かすが、キャブレターのスロットルに動く気配が無い?ここで結構悩みましたが、どうやらエンジンが始動していないとキャブレター側のスロットルが動かないみたいです。
外す前に動作を見ておけば良かった・・・。
スロットルレバーに金属の棒とスプリングを接続しておけばそれで良いようです。
あとはガソリンホースをしっかり接続して、エアクリーナーBOXを組んでナットを締めればとりあえず完成!
エアクリーナーBOXの右の方にホースがあるので忘れずにエアクリーナーBOXに接続しましょう。
このホースは、ブローバイガスを戻すホースだと思います。

”ニードルバルブ”やキャブレター内部の清掃でキャブレターオーバーフローは止まったのか・・・。
ガソリンのコックを開き暫く待つ・・・、とりあえずガソリンが溢れること無く、エンジンも掛かり、スロットルに連動してエンジンが吹け上がりました!
以前から調子が悪いと思っていたのが嘘のようにエンジンが掛かり、スロットルに連動するようになりました。
キャブレターの清掃ってかなり効果的なメンテンナスなんですね。

慣れてくると耕運機本体にキャブレター本体をくっつけたままメンテンナスが出来るかも?

※本来は分解時にゴムや紙のパッキンを新品に交換することが推奨されています。きちんとしたメンテンナスをする場合は事前にゴムや紙のパッキンを用意しておきましょう。
また、もし自分で作業を考えている場合は自己責任でお願いします。何が起ころうと当方は一切の責任を負いません。

使った工具
・10mmと12mmのボックスレンチ
・プライヤ
・+と-のドライバー
・パーツクリーナー
・紙ウエス(布でも可)

やって出来ないことはないと思いますが、心配なら耕運機のメーカーなどに作業をお願いしましょう。
不具合の原因が別にあるかもしれないので、専門の人にしっかり診てもらう方が良い場合もあります。

持っていると結構便利なソケットレンチセット
E-Value ソケットレンチセット ESR-2340M
イーバリュー(E-Value)
売り上げランキング: 1,604

耕運機(管理機)のおすすめランキング!”というサイトでキャブレターのオーバーフローを修理した記事(この記事)が紹介されました!
紹介されたページはこちら!
耕運機を自分で修理するときに参考になる22のおすすめサイトのご紹介 - 耕運機(管理機)のおすすめランキング!


スポンサーリンク