2015年7月22日に放送された「ためしてガッテン」で紹介していた炎天下に停めた車の中に寝具を入れてダニを退治する方法を実践してみた!

danitaisaku

2015年の夏は湿度が高いからかダニが活発になっているような気がしており寝ている間に足や腕、背中などをダニに刺される/噛まれています。
そこまでこまめに掃除機をかけたりしていないのですが、布団などの寝具に掃除機をかけた翌日にダニに刺される/噛まれてしまい、掃除機をかけても意味がないのかなと疑問に思っていたら、「ためしてガッテン」でダニについての特集が放送されました。

結論からいくと”ダニを完全に居なくすることは不可能”で、如何にして増殖を防ぐのかなど対策しながら上手く共存していく方法を見るけるのが良いということでした。

そしてダニを退治するのに知っておく知識として”ダニは60℃の熱で死滅する”というのが紹介されていました。

ダニを退治するには”熱”が有効ということで、寝具を過熱する方法として「家庭用の衣類乾燥機、コインランドリーの乾燥機」、「布団乾燥機」、「炎天下の車内」の3つが紹介されていました。
一番効果的なのは「家庭用の衣類乾燥機、コインランドリーの乾燥機」ですが、乾燥機が家に無かったり、コインランドリーが近場に無かったりなどの理由で自分の環境では実践は難しい・・・。
「布団乾燥機」は、最新のタイプでは敷布団を横にして掛け布団で覆うといった方法で布団乾燥機をかけたり出来ないようなので却下。
「炎天下の車内」は、ちょうど(?)青空駐車の車があるので、天気の良い日にとりあえず枕を放り込んでみました。
車の中で一番暑くなる場所が日の当たるダッシュボードの上という事で枕はダッシュボードの上に置いときました。
車の中の温度を測れば良かったと後で思った。
何度まで上がっているか不明ですが、夏の日差しはかなりヤバイというのはわかりました。

車の中に放り込んだ寝具にしっかりと陽の光を当てて約2時間、今度は裏返す。
チャック部分がめちゃくちゃ熱くなっていた!?取り扱い注意!な枕になっていた。

裏返してさらに2時間後にダニを退治出来た(?)枕が完成です。
ここからさらにダニの死骸を掃除機で吸い取ります。(ある意味ここが一番重要な作業!
アレルギーの原因はダニの死骸や糞なので、掃除機はこまめにかけよう!

ダニアレルギーの治療方法として”アレルギー免疫療法”というのが紹介されていました。

詳細はためしてガッテンの「今こそ!ダニ撲滅宣言」ページを御覧ください。
URL:http://www9.nhk.or.jp.2-t.jp/hebQ

マットとホースがないタイプの布団乾燥機でもダニ退治が可能!?
ZOJIRUSHI ふとん乾燥機 【マット&ホース不要】 ブルー RF-AA20-AA
象印(ZOJIRUSHI) (2012-12-01)
売り上げランキング: 326


スポンサーリンク