クボタ製耕運機「TMA25」のプラスチック製燃料キャップが割れました!?

畑を耕すために燃料を入れてキャップを閉め、作業をしていると燃料キャップの回りが濡れているのを発見!?燃料キャップをしっかり閉めていなかったかなと思い閉めようとするといつまでも閉めていける・・だと・・・!?
燃料キャップを見てみたら靴の底がべろ~んとなったみたいに燃料キャップが割れていました。
nennryoukyappushuuri (0)

これはどうしたものかなと思い、とりあえずこのまま作業を続けました。
作業後に燃料キャップをどうするか思案・・・。
1.部品が壊れたなら新しい部品に交換すれば良い!
2.燃料キャップを補修して使う!
3.耕運機を新品に買い替える!

燃料キャップが割れたくらいで新しい耕運機に買い替えるのは却下。
プラスチック製なので”割れる”ということはプラスチックが持つ本来の能力が低下することで破損したと思うので、新たな燃料キャップを調達するのが良いかな。
ということで新しい燃料キャップに交換する方向で動きました。

が、ホームセンターやネット通販などに”燃料キャップ”というモノがあることにはあるが、キャップの大きさやネジ山のサイズ(?)などが合わなかったりとこういった部品を探すのって結構大変なんですね。
こういうとき行きつけのショップ(?)があれば便利なんですね。
まぁ、そういう知り合いは特に居ないのでダメ元でサイズが合いそうな燃料キャップをAmazonで購入してみた!

数日後・・・

うん、やっぱり駄目だった。
耕運機用の燃料キャップなんて単品売りしている所は皆無だから同じ(?)農機具系の草刈機用燃料キャップを買ってみたけどやっぱり合わなかった!?
こういうのは全部統一規格にしても良いのではないのだろうかと思った。
(古い耕運機だから合わなかったのかも?)

ということでプラスチック製の燃料キャップを補修する方向にチェンジ!
プラスチック製といっても色々種類があり、種類が違うと補修方法も変わってくるけど、とりあえず瞬間接着剤を使って補修しました。
nennryoukyappushuuri (1)

使った瞬間接着剤はあまり評判が良くない?”3M スコッチ 瞬間接着剤 (ジェル状)”を使用しました。
3M スコッチ 強力瞬間接着剤 ジェル多用途 3g 7005
3M スコッチ 強力瞬間接着剤 ジェル多用途 3g 7005(AA)

ジェル状の方がすぐに乾燥しないし使いやすいかなと思い使ってみた。
瞬間接着剤は湿気を吸って固まるようなので、接着したい面にハァ~と息を吹いてから接着したり、乾燥させる間も息を当て続けると早めに固まるようです。
あとは一晩おもりを置いて圧着しておけば完璧かな。
nennryoukyappushuuri (2)

とりあえずパカっと開いた状態から普通のキャップ形状になったので早速耕運機につけてみた!
nennryoukyappushuuri (3)

うん、特に問題なく閉められてキャップとしての機能を果たしているように思います。
しばらくこのまま使ってみようと思います。

耕運機の燃料キャップはちょっと特殊(?)で空気穴があるようなので別のキャップを代用する場合は注意が必要かも?
燃料タンクのキャップとして”プラスチック製”を選ぶのはどうなの?という気がしないでもないけど、キャップとして密閉性を保つ役割よりも内部のゴム栓を押さえる役割と気化したガソリンを大気開放する役割として使うからプラスチック製の方が良いのかな。
耕運機の燃料キャップは多少割れていても内部のゴム栓を押さえられたら良いと思えば接着剤で補修しながら使い続ける方向で良いような気がしてきた。
このまま壊れないのが望ましいけど、どうなるか・・・。

プラスチックを補修するなら”プラリペア”なる商品が強力で良いらしい。
MUTOSYOUJI [ 武藤商事 ] プラリペア ホワイト [ 品番 ] PL16W [HTRC3]
MUTOSYOUJI [ 武藤商事 ] プラリペア ホワイト [ 品番 ] PL16W [HTRC3](AA)


スポンサーリンク