テレビやパソコン、携帯電話の画面を見た後などに視界がぼやけたり、疲労による(?)目の痛みなど昔は少なかったかもしれないけど現在では結構多いと思われる”目の疲労”。
さらに目は年を重ねるごとに老化していきます。

視力の低下、目の痛み・疲労はどうすることも出来ないのか?

目に関する対策として一番に思いつくのが”目薬”ですよね。
しかし目薬ではこの症状に対してこの目薬!みたいな感じで色んな種類を使い分けたりしたり、目薬を使った直後は症状が改善しても後からまた同じような症状が出てまた目薬を使っての繰り返しで思ったより効果が出なかったりと少し頼りない印象。

そこで、外側からのアプローチではなく内側からのアプローチをしてみれば劇的に目の症状が改善するかも!?

目(眼球)は角膜や水晶体、網膜などがあり人の目が映し出している世界は水晶体と網膜が重要な役割を担っています。
水晶体や網膜が弱ってくると目の疲労で視界がぼやけたり、目の病気になったりします。
目で見るために重要な働きをする水晶体や網膜には”ルテイン”と”ゼアキサンチン”という物質(?)が必要不可欠となっています。
”ルテイン”と”ゼアキサンチン”は似たような性質で役割的には”ルテイン”の方が重要のようです。
”ゼアキサンチン”は”ルテイン”があれば発生(?)するようです?

”ルテイン”を知る!
目の”ルテイン”はなぜ不足するのか?原因は?
目にとって重要な”ルテイン”はなぜ減少していくのかというと”ルテイン”は遮光したり青い光を吸収したりすると消滅するので徐々に減少していきます。
テレビや蛍光灯の光、そして今この文章を読んでいる間も減少し続けています。

目(眼球)に不足しがちな”ルテイン”を供給することで目の疲労や老化を防ぐ!
”ルテイン”はほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれています。中でも”ほうれん草”が多く含まれています。
普段の食事からでも”ルテイン”摂取可能ですが、野菜って収穫の時期を外すと入手困難だったり思ったよりも高価だったりで常に食べ続けるというのは難しい。

そこで別の方法でさらに効率的に”ルテイン”を摂取する方法がサプリメントです。
ルテインを摂取する目安は1日6mgから10mgで目に何らかの疾患があれば20mg摂取するのが目安のようです。(薬を飲んでいる場合は担当のお医者さんと相談してから摂取するようにしましょう。)

サプリメントにも色々種類があるようで最初は国産のサプリメントで試してみるのが良いと思います。
飲んですぐに効果が出るというものではないので注意!
小林製薬が販売する栄養補助食品30日分
小林製薬の栄養補助食品 ブルーベリールテイン メグスリノ木 約30日分 60粒
小林製薬の栄養補助食品 ブルーベリールテイン メグスリノ木 約30日分 60粒(AA)

国内だとサプリメントの扱い(?)で色々あるようでそのものズバリ!というのが難しいのかな?効果が出たり出なかったりでなんとも判断が難しい。
サプリメントは海の向こうの方が効果を期待できるようなので、インターネットの力を使って海外の製品を購入してみる!?といってもAmazonで普通に購入するだけなんですけどね。
海外直送品!しかも2本セットならアメリカから送料無料って!?なんかすごい!
[海外直送品][2本セットNOW Foods]ルテイン 10mg 120ソフトカプセル
[海外直送品][2本セットNOW Foods]ルテイン 10mg 120ソフトカプセル(AA)

パソコンや携帯電話、車の運転や読書など目を酷使する現代人には結構必須なサプリメントかも。


スポンサーリンク