自分が普通・当たり前だと思っている行動や考え方は他人から見たらおかしく異常に見られているかもしれないと思っておくという教訓。
自分の普通・当たり前と思っていることを相手や周囲に強要しないことが平和に過ごすコツ。
自分ならこうする、ああするという自分の普通・当たり前の視点で相手を見ていると苛つき、腹が立つのでストレスを溜めないようにするにはそういう視点で見ないようにするというのも大事かも。

などの考え方で生きるようにしているので常に普通・当たり前は自分の中で更新し続けるように注意しています。
年号が平成から令和になので今なら”令和元年が”当たり前で普通のことですよね。昭和だったら〇〇年とか平成だったら〇〇年と言うのは異常という判断を下しても良いと思います。

こういった考え方や行動は自分の中では当たり前、普通のことだと思っていますがそうじゃない人も居るという事実もしっかりと認識しないといけません。
そして物事を見ている視点もいくつかの角度から見るようにしているけどそれも出来ない人が居るというも知っておかないといけません。

決め付けは良くないですが、世間一般の常識や当たり前をベースに考えるとおかしな行動を取る人の多いこと。考えているけど考えていないとかも多いような気がする。(地域や年齢層などで違いがあります)

自分基準で物事を見たり、考えたり行動するのは普通のことですが、そこにもう一つ世間一般の普通・当たり前の基準で見たり考えたりする視点を持ち行動するといつもとは違った結果を得られるかもしれません。
一人称視点と俯瞰辺りで見るだけでも良いかもだけど、二人称視点でも見られるとより様々なものが見られると思います。

世間一般の普通や当たり前を知るにはニュースや新聞などを注意深く聞いたり見たりし自分ならこうするああするを明確にして他人と意見をぶつけ合うとかネットなどで他の人がどのような意見を持っているかなどを調べ知ることが自分の考え方などを広げる行動になると思います。
常に視点は広く自分目線のみならず周囲から見たら自分が、自分の行動や考え方などがどう写っているのか考えればその場での最適解が出せるかも。
まずは世間一般の普通・当たり前がどうなっているのかを知ることが大事かなと思います。
そこから自分がズレているのか、ズレているならどうしていけば良いのかを考えていけば世間から見た普通になれると思います。
自分視点だけで見ていると世間からはどんどんズレていき周囲に迷惑をかける存在になっていきます。
知らず知らずのうちに迷惑防止条例違反をしていたり軽犯罪を犯しているということもありえるので人間社会で生きているという自覚を持ち行動しましょう。

誰にも迷惑をかけていない!とか言う人がいるけど存在しているだけで社会とのつながりがありどこかには迷惑をかけているというのも知っておきましょう。ちょっと違うかもだけど無知は罪ってやつですね。


スポンサーリンク