寒くなってくると右耳が耳鳴りしたり頭痛や吐き気、首の痛みに悩まされるようになりました。
加齢による体の劣化や生活の変化が原因だと思うけど生活にも支障をきたす日もあるのでなんとかしようと思い調べてみました。

状態としては夏場や暑い時はそこまでひどくないけど首周辺に重さ(?)を感じることがあるけど寒くなると耳鳴りがしたり、首が痛くなったり、頭痛がし吐き気がしたりと風邪の症状みたいな感じになります。
一番気になるのが耳鳴りですが、こちらは原因の特定出来ない事が多いそうです。が、血行の良し悪しが大きく関係しているようです。
血行が悪くなっているのは新型コロナウイルス感染症の影響で生活に変化があり動くことが少なくなったのが原因かもですね。
で、血行を良くするべく首のマッサージをしてみたらやり方が悪く首の筋肉?筋?をさらに緊張させてしまい(?)頭痛と吐き気が加速しました。
直接首をあれこれするのはよくないっぽいので改めて調べると首のこりは肩こりが原因になっていると知り肩のマッサージをしてみました。

ツボ押さえたり、肩を回したり、ラジオ体操の肩周りの運動をしてみたりと血行が良くなりそうな事を数日続けてみるもそこまで大きな変化は現れませんでした。
肩周辺を温めてもそこまで大きな変化がないしどうしたものかと改めて調べると肩甲骨はがしなるものが効果的というのを見つけました。
え、なにその痛そうなのは?と思ったけど普通にストレッチするだけとお手軽そうでした。

やってみると肩周辺がバキバキボキボキみたいな感じで固まっているのが動いている!?って感じがしてこれまでと全然違う感じになりました。
何回かやっていると肩周辺が軽くなった感じがして数分後には首の痛さというか重さも改善。さらに翌朝いつも右耳が耳鳴りしているのがなくなっていた!?すごく効果が出ていると思ったけどわずか1日しただけではさすがに耳鳴りはまたするようになりました。
自分の体にはすごく効果があるようなので朝と昼、夕方や夜に肩甲骨ストレッチ(肩甲骨はがし)をするようにしました。
ちなみに3日目辺りで肩甲骨はがしをしないでいたら翌朝耳鳴りが復活し首が重くだるい感じになりました。数回でも良いので毎日継続するのが良さそうだなと思いました。



肩周辺の問題は改善されたけど首周りの痛さというかダルさが残るようなら首を後ろに倒して(体を真っ直ぐにし上を向く)どこかに痛みが無いかチェックしてみると良いかも。
痛みがあるようならゆっくり息を吐きながら首を前に倒したり、首の後ろのセンター少し横の凹んだ部分を少し痛いくらいの強さで5秒くらい圧迫させたりすると痛みが和らぐようです。
激しい痛みなどがある場合は板状筋や後頭下筋に問題があるかもしれないので整形外科を受診してみると良いかもです。

以前何かのTV番組で体の固い成人男性が赤ちゃんの動きを真似して過ごすという企画をやっていて筋肉の硬化度合?が劇的に改善したという結果になったのがあって人間の体は動くことを前提に作られているようなのでなるべくなら体を動かすのが良いのだなぁと思ったことがあったので新型コロナウイルス感染症の影響で生活が変化したけどなるべく体を動かすようにしたほうが良いなと思いました。
パソコンやタブレット端末、スマホを見る時間が長くなったのでこの辺りもなんとかしないとなぁ…。





スポンサーリンク