季節が冬になり朝かなり冷え込むようになったなぁと思っていたら家のどこからか水の出るシューという音がしたように思い家の水回りをチェックしているとお風呂の壁の中から水の音がする!?
じっくりと音を聞くと浴室水栓の壁から出ている水側給水管の奥の方からしているようでした。浴室水栓本体を動かしてみても特に変化は無いようでさすがに水が漏れっぱなしという状況も良くないと思い水の元栓を閉めました。
閉めたつもりだったけど水道のメーターが止まらない?軽く閉めただけでは水の勢いが強くて水が止まらないのかなと思い少し力を入れて元栓を締めるも変化なし…。これは水漏れ状態を放置するしかないのかな?

とりあえず地域の水道局に連絡しました。ちなみに水道メーターが自分の家の敷地内でも水道メーターまでのトラブルは都道府県が修理してくれるので業者に連絡するまえに住んでいる地域の水道局に連絡しましょう。
水道の元栓は水道のメーターよりも道路側というか自分の家側ではないので無料で修理してくれる範囲になっています。

水道局に連絡するとどのような状態になっているかなどを伝えると業者に連絡して修理手配をしてくれるのでこちらは待つだけとなります。修理業者が決まるといつ頃修理に行くか連絡してくれるので待ちます。
指定された時間くらいに修理業者さんが来てくれるので水道の場所を案内すると修理を始めてくれます。水道の元栓部分は地中に埋まっているのでまずは掘る作業をするので結構大変そうで、さらに都道府県からの依頼となるので作業工程の合間に写真撮影が入るようで通常よりも時間がかかっているのかな?
なんだかんだで3時間くらいで作業が完了し無事に水道の元栓で水が止まるようになりました。

次にお風呂の水漏れ修理ですが、こちらは都道府県の方で修理してくれる範疇に無いので自腹で修理となり業者も自分で探さないといけません。
いつも修理をお願いしている業者さんとかないのでどうしたものかと思ったけど水道の元栓を修理しにきてくれた業者さんに聞いてみると他の業者さんを紹介とかでも良かったけど渋々ながらやってくれる方向で話が進みました。
さすがに外も暗くなってきていたし翌日修理をしてくれることになりました。

翌日お風呂の壁を割って給水管を調べてもらうと亀裂が入っておりそこから水が漏れているようでした。部品交換すれば水漏れが直りそうということで手持ちに部品が無いようでお昼休みがてらに部品を買いに行ってくれました。お昼から配管のパーツを交換し水栓をもとに戻し水漏れしているかの確認し漏れがないのを確認したら修理も完了。あとは割った壁を埋めますが、壁を割る際に切ったタイルなどはもとに戻らないしコンクリートかモルタルで穴を埋めるので他の部分とは見た目が変わると言われていたけど特に準備する事もなくそのまま作業を進めてもらいました。

無事に水漏れも直してもらいました。水道の元栓は無料でしたが、お風呂の水道の水漏れは約2万円となりました。事前にネットで壁を割る水道修理は1万5千円~3万円くらいまでという感じの情報を見ていたので納得でした。作業的には壁を割ったりしているので3万円に近いかちょっと上かも?と
思っていたけど思ったよりもお安い金額で良かったです。
一応作業内容の説明とかもしてくれたけど部品交換が増えると金額が上がっていくみたいなことを言っていました。

ここ数年水回りのトラブルの多いこと…。水漏れは突発だったけど二日間で直ったのでスピード解決でした。あとは給湯器の調子が悪いのをなんとかしたらとりあえずしばらくは水のトラブルは解消になるかな?夏場なんともないんだけど寒くなると色々ダメになるっぽい…。


スポンサーリンク